辞めたくても辞められないアナタへ

〔記事内に広告が含まれています〕

「利用するなら安心できるところを利用したい」
「退職代行を使いたいけれど、どこを選べばいいのかわからない」

そのような方に役に立つサイトを制作しました。

人気退職代行業者の口コミや評判、利用方法、注意点などを忖度抜きで記事を制作したものをまとめたサイト構成になっています。

これを見ればアナタに合った退職代行業者がきっと見つかります。

目次

退職代行業者比較データベース

《表の見方》

返信の早さについて

独自で退職代行業者にLINEで問い合わせを行った際にどのくらいの早さで返信が返ってくるかを調査した結果です。(※12:00・2:00に送り、返信が来た時間の合計)

60分
以内
61~300分
以内
301分
以上

転職サポートについて

無断で個人情報の横流しが懸念されるため、以下のような基準で示しています。

サポートあり

転職
エージェント
明記
サポートあり

転職
エージェント
記載なし

※許可なく
個人情報が
横流しされる可能性あり
サポートなし

民間企業の退職代行業者 ~代行業務の丁寧さをウリにしているところが多い~

民間企業の退職代行業者の特徴

  • 企業だけあって代行時の電話は丁寧な業者が多い
  • 退職の伝達のみで有給取得などの交渉一切ができない
  • 退職の伝達のみで退職がスムーズに進められる職場向け
スクロールできます
退職代行業者名料金支払い方法後払い対応退職代行
成功率
対応時間相談方法返信の早さ転職支援
ベスト退職
ベスト退職
¥28,000銀行振込、クレジットカード
電子決済(apple Pay,Google pay)
記載なし8時~20時LINE不明
ピンチヒッター
¥27,500銀行振込、ペイペイ100%記載なしLINE、問い合わせフォーム
退職代行ニコイチ
¥27,000銀行振込、クレジットカード
電子マネー
100%7時~23時30分LINE
jネクスト
¥20,000銀行振込、クレジットカード記載なし24時間LINE、メール、電話
問い合わせフォーム
・全て税込価格

民間企業の退職代行業者についてもっと知りたい(サポートや業者の詳細など)方は以下のリンクからお進みください。

労働組合の退職代行業者 ~職場との交渉スキルが高い業者を選ぼう~

労働組合の退職代行業者の特徴

  • 公務員・自衛隊は不可
  • 未払い賃金の請求はできない
  • 労働三権を使い、職場との様々な交渉が可能
法適合労働組合とは……
有給休暇、未払い賃金などの交渉ができる
職場とトラブルになりそうな場合におすすめ
交渉のスキルが高いor交渉に慣れている傾向がある
非法適合労働組合とは……
職場側に拒否されるような交渉はできない
職場側に法に詳しい人がいない場合は利用しても可
職場とトラブルが予想される場合は利用しないほうがいい
スクロールできます
退職代行業者名料金種別支払い方法後払い対応退職代行
成功率
対応時間相談方法返信の早さ転職支援
jobs
¥29,000法適合
労働組合
銀行振込、クレジットカード
コンビニ決済、Paidy
100%24時間LINE、問い合わせフォーム、電話
退職代行ガーディアン
¥24,800法適合
労働組合
銀行振込、クレジットカード100%24時間LINE、電話
即ヤメ
¥24,000法適合
労働組合
銀行振込、クレジットカード100%24時間LINE
ネルサポ
¥15,000法適合
労働組合
銀行振込、クレジットカード100%記載なしLINE、メール、電話
退職代行モームリ
正社員
¥22,000
アルバイト
¥12,000
法適合
労働組合
銀行振込、クレジットカード
コンビニ決済、Paidy
100%24時間LINE、メール、対面
退職代行業者名料金種別支払い方法後払い対応退職代行
成功率
対応時間相談方法返信の早さ転職支援
わたしNEXT
¥29,800非法適合
労働組合
銀行振込、クレジットカード
デビットカード、プリペイドカード
PayPal、コンビニ決済
楽天ペイ、PayPay、キャリア決済、Paidy
100%24時間LINE、メール、電話(問い合わせ後)
退職代行の窓口
¥29,800非法適合
労働組合
銀行振込、クレジットカード
モバイル決済
記載なし24時間LINE
辞めるんです
¥27,000非法適合
労働組合
銀行振込、クレジットカード契約社員
98%
正社員、アルバイト
100%
24時間LINE
リーガルジャパン退職代行
¥27,000非法適合
労働組合
銀行振込、クレジットカード
モバイル決済
100%24時間LINE、問い合わせフォーム
男の退職代行
¥26,800非法適合
労働組合
銀行振込、クレジットカード
デビットカード、プリペイドカード
PayPal、コンビニ決済
楽天ペイ、PayPay、キャリア決済、Paidy
100%24時間LINE、メール、電話(問い合わせ後)
退職代行業者名料金種別支払い方法後払い対応退職代行
成功率
対応時間相談方法返信の早さ転職支援
とりけし
¥25,000非法適合
労働組合
銀行振込、クレジットカード記載なし24時間LINE、問い合わせフォーム
おいとま
¥24,000非法適合
労働組合
銀行振込、クレジットカード
Paidy
100%24時間LINE
退職代行ヤメドキトップ
¥24,000非法適合
労働組合
銀行振込、クレジットカード100%24時間LINE、電話
退職代行クリア
正社員
¥18,000
アルバイト
¥11,000
非法適合
労働組合
銀行振込、クレジットカード100%24時間LINE、メール、対面
退職代行ABAYO
正社員
¥19,800
アルバイト
¥11,000
非法適合
労働組合
銀行振込、クレジットカード100%24時間LINE、問い合わせフォーム
・全て税込価格

労働組合の退職代行業者についてもっと知りたい(サポートや業者の詳細など)方は以下のリンクからお進みください。

弁護士事務所の退職代行業者 ~未払い賃金の請求などは必ず弁護士事務所を~

弁護士事務所の退職代行業者の特徴

  • 交渉のスキルがとても高く、安心感が格段に違う
  • 未払い賃金の請求、ハラスメントの解決などのトラブルに強い
  • 公務員・自衛隊等・契約社員の場合は必ず弁護士事務所を利用する
スクロールできます
退職代行業者名料金支払い方法後払い対応退職代行
成功率
対応時間相談方法返信の早さ転職支援
弁護士ビーノ
¥66,000~銀行振込、クレジットカード100%10時~19時
(年末年始・夏季休業除く)
LINE、電話
弁護士法人みやびトップ
¥27,500

¥77,000
銀行振込、クレジットカード記載なし24時間LINE、メール、電話
ガイア
¥55,000~銀行振込100%24時間LINE
退職110退職代行
¥43,800~クレジットカード記載なし9時~18時
(平日)
なし不明
・全て税込価格

弁護士事務所の退職代行業者についてもっと知りたい(サポートや業者の詳細など)方は以下のリンクからお進みください。

各退職代行業者別のできることの比較

民間企業労働組合弁護士
事務所
退職意思の
伝言
退職日の調整
などの交渉
有給休暇の
取得交渉
残業代などの
金銭の請求
損害賠償請求
などの法務
平均価格約¥21,000約¥21,000約¥48,000
※平均価格は当サイトに掲載している退職代行業者の価格を参照

退職代行は大きく分けると「民間企業」・「労働組合」・「弁護士事務所」の3つが代行業務を行っています。

種別ごとに料金や退職代行実行時にできることが変わってくるので、業者の特徴を知っておくことが大切です。

民間企業の退職代行業者ができること

民間企業ができること

  • 退職の伝達

民間企業が行える退職代行業務は、依頼者の代わりに「使者」として退職の伝達を一方的に伝える役割です。

職場側が、「はい、そうですか」で終わるような職場であれば問題ありませんが、ほとんどの場合、退職に関する交渉を行わないといけません。

退職日の調整や有給に関することなどを「交渉」してしまうと非弁行為(※弁護士以外の人が法的な交渉を行って対価を得る行為)になり、法律違反やトラブルに発展する可能性があります。

民間企業が提供しているサポートのなかには有給サポートなどのオプションがついている業者もありますが、民間企業を利用する際にはそのようなサポートは利用しない前提で利用してください。

もし職場側に法に詳しい方(顧問弁護士など)がいる場合は利用すべきではありません。

メリットデメリット
交渉を必要としない職場には効果的
企業の運営なので代行の電話が丁寧
交渉が一切できない
24時間対応していない所が多い
弁護士費用などの追加料金がかかる場合もある

民間企業の退職代行が向いている場合

  • アルバイトやパート
  • 退職の伝達のみで退職ができる場合

労働組合の退職代行業者ができること

労働組合ができること

  • 未払い賃金の交渉
  • 退職日の調整の交渉
  • 有給休暇取得についての交渉

労働組合・ユニオンが行う退職代行は、労働三権を用いて労働者の権利を主張し交渉を行います。

自分では交渉しにくいことを代わりにしてくれるので、「有給を全消化してから辞めたい」・「残業代を支払ってもらいたい」などの職場とのトラブルを抱えている方にはおすすめです。

しかし、労働組合には「法適合労働組合」と「それ以外(当サイトでは非法適合労働組合と記載)」が存在し、非法適合労働組合による退職代行の場合、職場側に拒否をされてしまうと引き下がるしかなくなり、交渉が失敗に終わります。(※法適合労働組合の場合は、労働委員会に不当労働行為制度に基づく救済手続を行えるので、より細かい交渉が可能です)

もし交渉内容が難しそうな場合は、法適合労働組合の代行業者にはじめから依頼をしたほうが間違いありません。

メリットデメリット
後払いができる業者が多い

有給休暇取得などの交渉が可能

転職サポートなどのサポートが豊富

迅速な対応をしてくれる業者が多い
交渉慣れしている業者はスキルがかなり高い
交渉を行う人によってバラつきが出る

打ち合わせの際に断られる可能性がある

詐欺まがいな業者が最も多く存在するジャンル

労働組合の退職代行が向いている場合

  • 退職の際のトラブルが起こりそうな場合
  • 交渉力の高い退職代行業者を依頼したい場合
  • 有給休暇や未払い賃金の交渉をしてもらいたい場合

弁護士事務所の退職代行業者ができること

弁護士ができること

  • 未払い賃金の交渉・請求
  • 有給休暇の取得に向けた交渉
  • ハラスメントなど法的事案の解決
  • ナイトワーク、業務委託、契約社員、公務員、警察官、自衛隊などの退職代行

弁護士に退職代行を依頼する一番のメリットは「安心感」を得られることです。

法律の専門家であり、交渉のスキルもとても高いので、トラブルを未然に防ぎながら退職代行業務を行ってほしい場合は、迷わず弁護士に依頼をしましょう。

しかし、代行料金が高額になることや柔軟性があまりないので、未払い賃金などを請求した際に、元を取れるくらいの金額が請求できそうな場合に利用することをおすすめします。

メリットデメリット
どんな依頼でも引き受けてくれる

未払い賃金などの請求をしてもらえる

各種ハラスメントの解決をしてくれる
弁護士が行ってくれる安心感が全然違う

とても高い交渉スキルを持っているのでハズレがない
返信が遅い傾向がある
土日祝日は対応していない場所も多い

着手金の他に成功報酬を請求される場合がある

弁護士の退職代行が向いている場合

  • 退職の際のトラブルが起こりそうな場合
  • ハラスメントなどの労働問題の解決を望む場合
  • 有給休暇や未払い賃金の交渉・請求をしてもらいたい場合

退職代行業者を選ぶ際の参考に…

費用(安い順)トラブル(少ない順)
〔1位〕一般企業
〔2位〕労働組合
〔3位〕弁護士事務所
〔1位〕弁護士事務所
〔2位〕労働組合
〔3位〕一般企業
サポート(充実順)満足度(高い順)
〔1位〕労働組合
〔2位〕弁護士事務所
〔2位〕一般企業
〔1位〕弁護士事務所
〔2位〕労働組合
〔3位〕一般企業

退職代行業者の利用方法

退職代行を利用するときにどのようなことを質問すればいいのかなどがわかるような詳細を以下に書いています。
※全ての退職代行業者に当てはまることではないのでご了承ください。

STEP
退職代行業者のサイトにアクセス

「LINEで相談」・「メールで相談」・「問い合わせフォーム」から相談を開始する。

STEP
LINE・メール・問い合わせフォームで無料相談をする

〔必ず確認すること〕

  • 料金・支払い方法
  • 即日退職が可能なのか
  • 退職までの流れはどのようになるか
  • 職場に置いてある私物は回収できるか
  • 引継ぎ業務はどのように行えばいいのか
  • 退職後の書類などの受け取りはどうするか
  • 未払い賃金やハラスメントに関する交渉はできるか
  • 転職支援は受けられるのか(※異業種転職希望の場合)
  • 退職代行が失敗したらどのような対応をしてくれるのか
  • 職場から借りている物があれば返却をどのようにするか

上記を確認して納得ができたのであれば、ヒアリングシートを入力して退職代行を依頼する。

注意したいこと

LINE・メールの返信が遅すぎる・質問に対してのアンサーがそっけない・誤字脱字が多い……など、少しでもあなたにとって気になるような点があったら他の退職代行業者を依頼したほうがいいです(※全ての退職代行業者に言えることです)

STEP
契約・支払い

利用規約を確認し契約をする。
(※利用規約は文字ばっかりでスキップしたくなりますが、とても重要なことが書いてあるのでしっかりと読んでください。もし不明な点があればその都度確認したほうがいいです。)

注意

支払いを完了すると、自分都合によるキャンセルは一切返金してくれない退職代行業者がほとんどです。

例)

退職代行が実施される前に職場から電話がかかってきてしまって、結局自分の口で退職を告げた。

⇒この場合は自分都合によるキャンセルになるので返金されません。

STEP
退職代行実行後、退職書類などの手続きをする

退職届や貸与物・返却物の対応をおこなう。
基本的には郵送でおこなうので、職場にいったり、連絡を取り合ったりする必要はなし。
※直筆が必要な場合もあるため、退職代行業者のほとんどが、退職に関する書類の作成や提出など、法律事務はおこなってくれないので注意

STEP
転職支援のサポートを受ける場合は問い合わせをする

打ち合わせの際にどんな転職エージェントと提携を組んでいるのか確認をしてください。

転職エージェントにも得意な仕事のジャンルがあるので、自分が転職したいジャンルが豊富にある転職エージェントなら利用したほうがお得です。

個人情報の横流しに注意

他の退職代行業者も転職支援を無料でおこなっているところもありますが、どの転職エージェントと提携を組んでいるのか記載されていない場合、無断で個人情報を横流しされている可能性があるので、注意が必要です。

退職代行に関するよくある質問

退職代行を利用するにあたり、よくある質問の例をあげてありますので参考にしてください。

退職代行を使われた側のメリットとは?

大切な人財を失う大きさは計り知れませんが、失った代わりに大きなメリットがあります。

それは、今回起きた問題に対しての教訓を活かし、二度と起きないようにするにはどうしたらいいのかを話し合う機会を作ってもらえたことです。

退職代行を使わないと辞められない「社風・教育方法・人間関係」などを見直すチャンスを与えてもらったと考えるべきではないでしょうか。

その反省すらできない企業は、今後の成長はまず見込めません。

退職代行を利用することはクズなのか?

クズではありません。

むしろ退職代行を利用するきっかけを作った職場側がクズです。

細かく言えば、上に立つ者として、ひとりひとりに目を向けていなかった先輩・上司がいけません。

人ひとりか生み出す生産性は、とんでもない額を生み出します。

「あなた」という有望株を育てられなかったほうがクズなのではないでしょうか。

退職代行がありえないと言われる理由は?

退職代行は2019年ごろから注目されはじめてきたサービスで、まだ世間には浸透していないことが理由です。

本来ならば自分の口で告げるべき「退職」を代行するわけですから、ありえないと言われるのも理解できます。

しかし代行サービスは、「本来なら自分が行うことを代わりにやってもらう」ことがサービス内容です。

退職代行がありえないのであれば、「運転代行」や「家事代行」などの代行サービスも全てありえないことになります。

退職代行を利用する人は頭おかしいのか?

退職代行を使う人は、極限まで悩み、苦しんだ末に出した結果の方がほとんどです。

そして、つらい状況のなかで稼いだ大切なお金を使って退職代行を依頼しています。

使う側の身になって考えてみると、自然とそのような言葉は出てこないはずです。

退職代行でよくあるトラブルはどんなもの?

「返金に関するトラブル」「連絡がこない」という二大トラブルが退職代行では起こります。

退職代行を利用する前には必ず利用規約を全て読み、納得したうえで依頼をしてください。

また、連絡が途絶えたり、来ない場合は直接電話などで問い合わせをするようにしましょう。

気を付けたほうがいい退職代行業者

  • 連絡手段がひとつしかない
  • 事業所の場所が明記されていない
  • 事業所の場所がバーチャルオフィス

もちろん、上記に当てはまる退職代行業者でも健全な運営を行っている業者はあります。

しかし、退職代行は対面で提供されるサービスではないので、相手がどのような人・運営なのかの信用を得るには事業所や企業HPを見るしかありません。

得られる要素が少ない業者ほど、依頼する際は慎重にならないといけないことを頭に入れておいてください。

関連記事の紹介

退職代行に関連する記事を以下に紹介しています。

この記事に書いてあること以外の内容や、職業別の退職代行の利用方法・各退職代行業者の口コミなどの記事を作成しているので、参考にしてください。

目次